新入社員はうつになりやすいので用心【社会復帰のための反復治療】

環境の変化に関して

看護師

ストレス社会への対応

世界的にみても先進国の部類に入る日本ですが、それとは真逆なのが自殺者の数だと言われています。毎年約三万人の方が自ら命を絶つ国は、異常だと言われても仕方がないのではないでしょうか。自殺を選択する要因は様々ですが、最も多いのがうつを筆頭とする精神疾患です。自らがうつにおかされていることに気付くのは稀ですし、周囲が異変に気付いて、そこでメンタルクリニックを訪れるケースが目立ちます。うつといえば中高年の管理職が発病するイメージがありますが、ここ数年で新入社員の患者が増えています。働き始めて一年以内が発病の可能性が高くなっていて、何をするにもヤル気が起こらずに出社拒否の状態に陥るケースもあります。過酷なノルマや人間関係が背景にあるのは確かですが、メンタルクリニックを訪れることに抵抗を感じる方が多いのも確かです。しかし、それこそが回復を遅らせている要因ではないでしょうか。職場のストレスチェックが義務化されていますが、早期に受診をすることで、新入社員をうつから救うことが出来ます。メンタルクリニックでのうつ治療は、カウンセリングと投薬が中心になります。進行具合によっては入院が必要となりますが、大部分の患者が回復をして社会復帰を果たしています。新入社員の場合は、担当医に心の奥底を吐露することから始めると良いのではないでしょうか。自らが今の症状に至るまでには何があったのかを、包み隠さずに話すことで解決の糸口が見付かるはずです。グループワークやイベントに参加をすることで、同じような症状に悩む方と話せるのもメリットです。自己肯定が出来ずに、不眠やイライラが募るのがうつの厄介な点です。睡眠導入剤や安定剤を適切に使うことで、日常生活に関しては問題なく送れるはずです。仕事をしながら治療を行っている新入社員も居ますし、同僚や上司に話しておくことで理解も深まるのではないでしょうか。うつは再発が多い病気でもありますし、完治したと感じていても注意が必要です。医師から指定された外来通院日を守って、気持ちをリラックスして治療に臨むことが大切です。

Copyright© 2019 新入社員はうつになりやすいので用心【社会復帰のための反復治療】 All Rights Reserved.